newsTriber

元レスリング日本一の選手が、アスリート向けのオンラインスクールを作った理由

Triberの大坂昂がAthlete Tribeを始めた想いを書いています。

一部抜粋
トップアスリートが競技で得た経験を価値として、オンラインを通して次世代アスリートに提供し、育成するスクールとなっております。

トップアスリートは、
①自分の技を発信して、次世代アスリートを育成する。
②競技で得た経験が、価値となる。
③アウトプットすることにより、技の見直しができる。
④スカウトに繋がる。
※技とは、
技術、トレーニング方法、栄養、メンタル、セルフケア、キャリア等、
競技で得た経験・モノ・コトを「技」と総称しております。

次世代アスリートは
①トップアスリートからオンラインを通して一流の技を学べる。
②分からない事があればトップアスリートにすぐに相談できる。
③アスリートへオファーを出して、直接指導を受けることができる。
④チームの雰囲気がわかる。

他にも、
・他競技から学びたいアスリート
・ちびっこの保護者
・指導者
の方々にもぴったりのコンテンツかと思っております。

自分がスポーツの世界でアスリートとして懸命になって努力した経験をコンテンツにする事で収入に変わる方法を形にするまでのプロセスを綴っています。

スポーツ界にもアスリートにも新しい収入の形を提案しています。

さらに次世代のアスリートに経験を提供する事で競技力向上や競技人口を増やす事にも貢献出来ます。

https://note.mu/akiev0522/n/n6374aad79594

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です